淀川区、神崎川クリニックモール1階の眼医者「しま眼科クリニック」です。眼科一般、日帰り白内障手術、レーザー治療、コンタクト処方などの治療と情報をご提供します。目のことでお困りの方、気になる症状がある方は、お気軽にご相談下さい。

加齢黄斑変性症

  • HOME »
  • 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。

黄斑が変化すると、視野の中央が暗くなる・欠ける、モノがゆがんで見えるなどの症状が出ます。最初は片方の眼に起きて程度も軽いために、患者さん本人は年のせいにして見過ごしていることも少なくありません。しかし、徐々に、状態によっては急速に、視力が低下してしまいます。加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があり、それぞれ原因が違います。

加齢黄斑変性の種類と分類
●萎縮型
黄斑の組織が加齢とともに萎縮する現象です。視力低下は軽度ですが、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、定期的な検診が必要です。
●滲出型
網膜のすぐ下に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいという特徴があります。
この血管から出た液体が黄斑の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こします。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前 9:00~12:00
午後15:30~18:30

休診日 日曜、祝日、土曜午後

※土曜日:9時~13時 ☆手術

クリニックのご案内 Access

〒532-0032
大阪市淀川区三津屋北1丁目36番6号
神崎川クリニックモール1階

阪急神戸線「神崎川」駅前西側すぐ

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6307-2311

PAGETOP